夏に「こむら返り」が多くなる原因は?どう予防する?

痛テテテッ!夏のこむら返り〜原因と予防法

夏,こむら返り,寝ている時,原因,予防,対策

寝ているときに突然足やふくらはぎがつって、激痛がはしる

こむら返り」で目が覚めることが続くと、かなりキツイですよね。

 

こむら返り」という症状は、足の筋肉が異常に収縮し硬くなって、
痙攣している状態です。
特にふくらはぎに多く発生して、その痙攣は激痛を伴って、
数秒から数分間続きます。この間はホント地獄です。

 

この嫌な「こむら返り」ですが、夏になると起きる回数が増えるとか、
ほかの季節は大丈夫なのに、なぜか夏だけに起きる
という人が
多いのではないでしょうか。

 

実は気温が高い時期は、まさに”こむら返りシーズン”なのです!
昼夜問わず起きやすいのですが、とくに夜寝ている時によく起きます。

こむら返りはなぜ夏に起きやすい?

夏,こむら返り,寝ている時,原因,予防,対策

では、なぜ夏の暑い時期に、こむら返りが起きやすいのでしょうか。

 

こむら返りの主な原因には、筋肉の疲労、運動不足、水分不足、ミネラル不足、
冷えなどが挙げられますが、なかでも暑い時期に起きる大きな原因は、
「水分&ミネラル不足」と「冷え」です。

 

 

 

 

 

大量の汗で水分とミネラルが不足します。

 

夏,こむら返り,寝ている時,原因,予防,対策

筋肉の伸び縮みを脳が制御するうえで、
マグネシウム、カリウム、ナトリウムといった「ミネラル(電解質)」
が欠かせません。

 

体の中のミネラルが不足すると、脳と筋肉との間で信号が
うまく伝わらなくなり、筋肉が過度に収縮してしまった場合に、
こむら返りが起きます。

 

ミネラルが不足するのは、摂取する量自体が少ないということもありますが、
特に暑い時期は、大量にかく汗によって排出されてしまうからです。
しょっぱい汗にはミネラルが多く含まれています。

 

また、汗によって水分も失われます。水分が不足すると血行が悪くなります
ミネラルは血流で運ばれるので、血行が悪くなると身体の末端の足まで、
十分にミネラルが行き届かないために不足状態になり、こむら返りのリスクが高くなります。

 

冷房で身体が冷えます 。

 

夏,こむら返り,寝ている時,原因,予防,対策

血行が悪くなるのには、「冷え」も大きく影響します。

 

夏場は冷房がきいた部屋や車内で過ごすことが多くなり、
体を冷やしすぎてしまうこともあります。

 

汗をかいた後、冷房のなかで過ごすと快適ですが、
汗が乾くにつれて体の熱を奪い、かえって体を冷やしてしまいます。

 

例えば、気温が32度の外から冷房をきかせたた室温26度の部屋に入ると、
体の表面温度が、40分後にはふくらはぎが-3.7度、足首が-2.5度、
足の指が-3.1度下がります。

 

ふくらはぎは、もともと筋肉や脂肪が少ない割に
表面積が広いので、身体の中でも冷えやすい部位なので、
冷房で体が冷やされすぎると、ふくらはぎは最も影響を受けます

 

ふくらはぎが冷えて、血行が悪くなると、
ミネラルや水分が十分に届かなくなり、また疲労による老廃物が排出されにくくなって
こむら返りが起きやすくなってしまうのです。

 

夏,こむら返り,寝ている時,原因,予防,対策

睡眠中は「こむら返り」が起きやすい!

 

寝ているときは身体をあまり動かさないので、もともと血行が悪い状態です。このうえで暑い季節は、睡眠中も大量の汗をかくので、水分やミネラル不足になりやすく、さらに冷房や扇風機の風で身体を冷やしがちということで、夏の夜は、こむら返りが起きやすい条件が揃っているのです。

 

予防と対策のポイント

以上のことをふまえて、夏のこむら返りを予防する対策としては、とくに次の2点に着目しましょう。

 

水分とミネラルを意識して摂りましょう!

 

夏,こむら返り,寝ている時,原因,予防,対策

夏は大量の汗と一緒に水分持ミネラルも外部に排出されて、

不足しがちになりますので、いつも意識して補給することが大切です。

 

ミネラルは体内では作られないので、
カリウムは豆類、海藻類、バナナなど、マグネシウムは玄米やアーモンド、
カルシウムは牛乳や小魚といったふうに
普段の食事で摂ることしかありません。

 

手っ取り早いところで、ミネラルを含む野菜や豆腐などが入った味噌汁が、
適度な塩分の補給にもなって予防に向いています。

 

水分もこまめに摂るようにして、寝る前には必ずコップ一杯飲ましょう。
ミネラルウォーターやスポーツドリンク、麦茶では、ミネラルも一緒に摂れて効率的です。
※スポーツドリンクは糖分が入っているので、摂り過ぎには注意です。

 

体の冷やし過ぎに注意しましょう

 

夏,こむら返り,寝ている時,原因,予防,対策

夏は冷房が欠かせませんが、体が冷えすぎないようにすることが大事です。

 

冷房がよくきいた職場や車内などで長時間を過ごす場合は、
上に羽織るものを用意して、冷気が直接体に当たらないように気を付けて、
足元は靴下やレッグウォーマーなどはいて保温しましょう。

 

特に寝る時は、ふくらはぎを露出しないことです。

 

 

こむら返り対策用のふくらはぎ(レッグ)ウォーマー