試して実感!寝ている時に足がつる「こむら返り」の改善には冷え予防!

痛たたたたっ〜!!またか、今日も (≧▽≦)

気持ちよく寝ているときに、
突然足がつって激痛で目が覚めてしまう…。

 

こむら返り,寝ている時,睡眠中,足がつる,改善,予防

この症状は、足の指先、土踏まず、太腿、ふくらはぎといった部分の筋肉が収縮して痙攣が起きる「こむら返り」です。なかでも、ふくらはぎで起きることが多いです。

 

睡眠中のこむら返りは、無意識で一番無防備なときに前触れもなく襲ってくるので、ショックが大きいです。これが頻繁に起きるようになると、痛みや不安から寝不足や不眠の原因にもなって、健康や日常生活に支障が出て、ることもあります。こむら返りはつらいです。

 

私(40歳、男性)は、2年ほど前から一年を通して、睡眠中にこむら返りが頻繁に起きるようなり、一度病院で診てもらいました。こむら返りが、運動中ではなくて、寝ている間に発生するので不思議に思いましたが、実は睡眠中でも足がつりやすい条件が揃っていたのでした。

 

 

そこで、医者の助言を受けて、いろいろな対策を試してみました。ここでは、その中で改善の効果を実感できた方法を紹介したいと思います。

⇒「こむら返り」について

睡眠中の「血の巡り=血行」に注目!

寝ているときに、足がつる「こむら返り」が起きる大きな原因は「ふくらはぎの血行(血の巡り)不良」です。

 

血行が悪いと

 

こむら返り,寝ている時,睡眠中,足がつる,改善,予防

新鮮な酸素や必要な栄養素、熱が行き届きにくくなります。

筋肉の疲労回復が遅れます。

筋肉を動かす神経信号を伝達するミネラル分(電解質)が不足して、筋肉の伸縮に異常が生じます。

 

体を動かすことで発生した老廃物がスムーズに排出されなくなります。

老廃物が筋肉内に滞って、筋肉を緊張させます。

 

 

こむら返り,寝ている時,睡眠中,足がつる,改善,予防

こむら返りが起きる可能性が高くなります!

 

ふくらはぎの血行が悪くなる理由

 

こむら返り,寝ている時,睡眠中,足がつる,改善,予防

ふくらはぎの血行が悪くなるのには、次のような原因があります。

  • 運動不足や加齢による筋肉量の減少(血液のポンプ機能が低下)。
  • 血中に生活習慣によって増えた過酸化脂質(脂質が酸化したもの)が血流を阻害
  • ストレスなどで自律神経の乱れることによる血管収縮の狂い。
  • 靴下やストッキングなどの締め付けや布団による血管圧迫。
  • 発汗による水分不足(脱水症状)。
  • 外気による「冷え」

 

このなかでも、睡眠中に、特に未明から明け方の時間帯に足がつったり、こむら返りが起きる場合は、
冷え」による可能性が高いです。

 

こむら返り,寝ている時,睡眠中,足がつる,改善,予防

ふくらはぎの表面や筋肉が冷やされると血管が収縮します。また、ふくらはぎには筋肉を伸縮させることで血液の循環を促すポンプの働きがありますが、その働きが低下します。このために血行が悪化してしまうのです。

 

ふくらはぎは表面積が広い割に筋肉量が少ないので、ただでさえ外気温の影響で冷えやすい部分なのです。水泳中によくこむら返りが起きるのも、ふくらはぎが冷えることが大きな原因です。

 

未明から明け方は気温が下がって、体温も低い状態になっています。睡眠中はふくらはぎを冷やさないように保温して、良好な血行を保つことが、足のつりやこむら返りの予防になります。夏場に冷房や扇風機をかけて寝る際も注意してください。

全身が冷えるとふくらはぎの血行も悪くなります。

 

こむら返り,寝ている時,睡眠中,足がつる,改善,予防

ふくらはぎや足だけでなく、体全体が冷えてしまっても、ふくらはぎの血行に影響が出ます。

 

人間の体は血流を使って、体温を調節しています。全身が冷えてくると、重要な臓器や脳を守るために、体の中心部に血流を集めて、そこの体温(深部体温)を下げないようにします。この働きのために、体の先端(末端)部分の血流が減るので、ふくらはぎの血行が悪くなって、こむら返りが起きやすくなります。

 

ふくらはぎだけでなく、体全体が冷えないように対策することも、こむら返り予防には大切です。

睡眠中に足がつる経験は誰でもあると思いますが、週単位で頻繁に起きるようになると、糖尿病、腎不全、肝硬変、動脈硬化、閉塞性動脈硬化症、脳梗塞、心筋梗塞、椎間板ヘルニアなど病気が原因であることも考えられます。足のつりとあわせて、手足の痺れやむくみ、歩行困難、腰痛、言葉のもつれなど「異変」を感じたときは、症状にもよりますが、整形外科、内科、神経内科を一度受診してみてください。

 

⇒こむら返りの予防

ふくらはぎの「冷え」予防には専用のレッグウォーマー!

こむら返り,寝ている時,睡眠中,足がつる,改善,予防

私の場合、よく午前3時から5時ごろの明け方に、こむら返りになりました。ふくらはぎが冷えている自覚はなかったのですが、ふくらはぎにレッグウォーマーを着けて寝るようにしたところ、使い始めてから1週間すぎたころから、発生頻度が減り始めました。

 

私が使ったレッグウォーマーは、こむら返りの予防を目的にしたの「ミーテ・ライトロング」という商品です。現在で3か月ほどになりますが、睡眠中のこむら返りが月に数回程度まで改善しました。

ミーテ・ライトロング
こむら返り,寝ている時,睡眠中,足がつる,改善,予防

「ミーテ・ライトロング」はふくらはぎを温めることで、こむら返りを予防する目的で開発されたレッグウォーマーです。

 

このため、着用してもふくらはぎを締め付けて血行に影響しないように、素材や織り方に独自の工夫がされている点が特徴です。このため、寝ている間も負担を感じません。

 

組成はパイル素材:綿69%、アクリル15%、ポリエステル14%、ポリウレタン2%、寸法は長さ40cm、幅8cmです。ふくらはぎ周りが30〜37cmに対応しています。男女兼用です。

メーカー/販売者

価格(税込、送料込み)

詳しくは

東洋繊維興業株式会社(岡山県)

【日本製】

1足2,430円

(販売単位:2足)

こむら返り,寝ている時,睡眠中,足がつる,改善,予防

 

実際の「ミーテ・ライトロング」はこんな商品です。

 

こむら返り,寝ている時,睡眠中,足がつる,改善,予防

「ミーテ・ライトロング」は、メーカーの公式サイトでの通販でしか買えません。このため、手に取ってみることができないので、実際の商品やその使い勝手、感想などをまとめました。

続きはこちら

 

こむら返り,寝ている時,睡眠中,足がつる,改善,予防

あなたが、私と同じような睡眠中に起きる足のつり、こむら返りでお悩みなら、「ミーテ・ライトロング」で解決できるかもしれません。

 

こむら返り,寝ている時,睡眠中,足がつる,改善,予防